1. ホーム
  2. 高梁川流域「倉敷三斎市」について

高梁川流域「倉敷三斎市」の概要

この朝市は倉敷の中心市街地に賑わいを創るため、2005年の3月にスタートしました。
江戸時代、幕府の直轄地「天領」として栄えた倉敷には、三斎市・六斎市という定期市があったとされ朝市の名前はそれに由来します。
毎月第三日曜の午前8時から11時までの間、倉敷駅前商店街の会場には高梁川流域の新鮮な野菜や果物、加工品といった特産品がずらりと並び、大勢の地元市民や観光客で賑わいます。

2016年4月からは高梁川流域の7市3町の魅力をさらに発信していくため、開催内容をリニューアル。流域にちなんだイベントや特産品の販売などに力を入れています。

運営は倉敷商工会議所青年部がボランティアで行っています。
是非、毎月第三日曜の朝は早起きして、高梁川流域の恵みに会いに来てください。
とびきりの笑顔でお待ちしています。

高梁川流域「倉敷三斎市」ポスター
主催
高梁川流域「倉敷三斎市」実行委員会
開催日
原則として毎月第3日曜日に開催
開催時間
8:00~11:00
開催場所
倉敷駅前商店街及びその周辺
事務局
倉敷商工会議所内くらしきTMO
お問い合わせ先
〒710-8585 倉敷市白楽町249-5
倉敷商工会議所内
高梁川流域「倉敷三斎市」実行委員会
電話:086-424-2111(代)
E-mail:

高梁川流域「倉敷三斎市」の
イメージキャラクター「くらモニ」

白壁の街、倉敷のくらモニです。
倉敷駅前で開催される朝市
高梁川流域「倉敷三斎市」から誕生しました。
帽子とパンツは白壁、髪飾りとシッポは倉敷市花の藤です。
得意のダンスで、街に元気と幸せを運びます。

倉敷三斎市イメージキャラクター「くらモニ」